ヘルペスは体のいたるところにできます。また再発を繰り返すため、ちょっと厄介なウイルスなので、感染を防ぐためにもきちんと予防をされるとよろしいです。こちらではヘルペスについて予防策を伝授します。

ヘルペスでの尿検査と頭痛について

知名度の高い病気の1つにヘルペスがあります。
その種類も単純から水痘、帯状疱疹ヒトといった具合に分かれており、現在においては8つの種類が判明しています。
診察においては血液検査や尿検査、また、問診や症状の確認といったものが行われ、尿検査などのスクリーニング検査においては他の病気についても検査をされます。
特に単純の部類に入る性器ヘルペスにおいては尿検査をすることによって、他の性病との判別をすることができます。

ヘルペスでは頭痛の症状が現れる場合があり、1つ目としては片頭痛を上げることができます。
これはウイルスにって頭部の神経が刺激を受けることによって、血管が炎症を起こすために頭部の血管が拡張し、痛みを引き起こします。
場合によっては顔の半分がしびれたような感じを覚え、その後に痛みや発疹が出る場合もあります。

次に、群発型頭痛があります。
これはウイルスが頭部の神経を刺激することによって、目の後ろの動脈が拡張して痛みを引き起こします。
他に、頭部の神経にウイルスがはびこることにことによって白血球が攻撃をし痛みを覚えます。
痛みの特徴としては、目をえぐられるような激痛が走ります。

次に頭部神経痛によるものがあります。
ウイルスが再発した場合に起こすことがあり、これは神経が炎症を起こすことによって、後頭部や耳の後ろに指されるような痛みが走ります。
また神経痛だけでなく、顔面神経麻痺や耳鳴り、難聴やめまい、顔の痛みや喉への違和感を感じる場合もあり、そのようなときにはウイルスが原因で発症したハント症候群の可能性もあります。
また、非常にまれな症状としてヘルペス脳炎を引き起こす場合があり、この症状には、最初は軽い頭痛から始まり、徐々に発熱、嘔吐等から始まり、幻覚や錯乱、記憶障害や失語症などが現れます。
このような場合には神経内科や内科、また、小児科などに緊急入院が必要となります。

関連記事