ヘルペスは体のいたるところにできます。また再発を繰り返すため、ちょっと厄介なウイルスなので、感染を防ぐためにもきちんと予防をされるとよろしいです。こちらではヘルペスについて予防策を伝授します。

ヘルペスウイルスの基本を知る

水痘(水ぼうそう)に子供の頃かかったことがある方は多いのではないでしょうか。
日本人の成人の半数近くがかかったことがある水痘は、ヘルペスウイルスの1種である水痘・帯状疱疹ウイルスに感染しておきます。
比較的身近な病気であるヘルペスを引き起こすウイルスについて説明していきます。
生き物に生息しているヘルペスウイルスは約100種類あり、人に感染するウイルスは8種類あります。
ウイルスに感染するとヘルペスを発症し体に小さい水ぶくれの集まりができ痛みや痒み等を伴うことがあります。
人に感染するウイルスは単純ヘルペスウイルス1型と2型、水痘・帯状疱疹ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルス6と7と8でそれぞれ症状と治療方法が異なります。

ウイルスに感染したからといって直ぐに病気の症状が出る訳ではありません。
単純ヘルペスウイルス1型と2型は一度感染すると一生涯体の中に潜伏します。
体力が落ちているときに増殖して、神経から皮膚へと進んで行き皮膚に水ぶくれ等の症状がでます。
治療して治ったように見えてもウイルスは潜伏したままなので再発を繰り返します

単純ウイルス1型は目の奥の神経節に潜伏し、感染すると上半身に病気の症状がでます。
耳にする事がある口唇ヘルペスは1型ウイルスに感染しておきます。

2型は体の腰の近くの仙骨の神経に潜伏し、感染すると下半身に主に性器に症状がでます。
感染経路は接触感染が多く、家族が感染すると子供にも感染する恐れがあります。

治療は抗ウイルス薬が処方され、ウイルスの増殖を抑えます。
ですから、治療を早期に行うことで症状を軽減することができます。
これに対して水痘・帯状疱疹ウイルスは一度感染すると免疫ができるので再発することはありません。
ヘルペスウイルスを治療するには有効な治療薬でなければいけません。

ヘルペスにはバルトレックスやアシクロビル配合のゾビラックスという薬が有効です。
アシクロビルはヘルペス治療に効果的ですが、ヘルペスは体調の変化で再発しやすいためアシクロビルで完治したからと言って油断せず規則正しい生活を送るようにしましょう。
また、バルトレックスは感染したウイルスにより服用法が違うため、ウイルスの種類をしっかり確認してから服用するのがおすすめです。
ヘルペスウイルスがどんなものかをまずはよく知ってから、正しい治療方法ですぐに治して、再発防止に努めることが重要です。

記事一覧

「ヘルペス」とは女性にも起こる性病ですが、男性の性病の一つでもあります。 「自分はもしかして、感染し...

心配している男性

船橋などで増加中の性感染症が性器ヘルペスです。 船橋のような地方都市で歓楽街などが活性化している地域...

悩んでいる男性

性行為による単純ヘルペスウイルスの感染により性器や陰部に発症する性器ヘルペスは性行為による感染病で、...

悲しい女性

性病の一種であるヘルペスは、発症部位から性器ヘルペスと呼ばれることが多いものですが、その原因は単純ヘ...

落ち込んでいる女性

ヘルペスは感染症の一つなので、気がついたらなってしまっていたという事もよくあります。 そんな中で、糖...

悩んでいる女性

一度なると何度も再発をするというヘルペスは、主に唇のまわりにできるタイプと、性器のまわりにできるタイ...